五島 みどり

五島みどりのシャコンヌ

私にとって最も納得のいく演奏をしてくれる演奏家は誰だろうか?
という私の音楽の聴き方は間違っていると気がついてから、もう大分になるが、依然として直っていない。
私が演奏家に要求する基準はどれも当たり前の事である。
特にピアノで言えば緩徐楽章でもテンポが崩れない事。打鍵時の各音の立上がりが pp でも明確な事。ペダルを多様しない事。等々である。
ヴァイオリンで言えば、エッジを効かせて強く弾いても、音が決して割れない事。等々である。
それよりも当たり前の事なのだが、まずその曲をその演奏家なりに「歌っているか?」、「演奏している音が生きているか?」という事である。
以外に思うかもしれないが、これが殆どの演奏で出来ていない。音楽家と言えども生活の為に録音しているからなのか。一面当たり前の事なのだろうが、寂しい事でもある。
楽しみにしてきた演奏がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)